つくば市・土浦市「環境モデル都市」落選:茨城に住む男のブログを止めました

茨城>茨城だっぺ>つくば市・土浦市「環境モデル都市」落選(2008/07/22)

つくば市・土浦市「環境モデル都市」落選

茨城だっぺ


「環境モデル都市」に応募していた茨城県のつくば市・土浦市は、選ばれなかったようです。
環境モデル都市となったのは、北海道帯広市、北海道下川町、横浜市、富山市、北九州市、熊本県水俣市とのこと。
応募のあった環境モデル都市 提案リストを見る限り、土浦はともかく、つくば市の提案書は立派なことが書いてあったのですが、残念です。

今回のポイントとなったのは、
  1. 大幅なガス排出削減目標
  2. 先駆性・モデル性
  3. 地域適応性
  4. 実現可能性
  5. 持続性
とのことなので、インパクトに欠けていたことが原因かもしれませんね。

つくば市・土浦市「環境モデル都市」落選に関するニュース


応募のあった全国82件(89自治体)の提案の中から、〈1〉大幅なガス排出削減目標〈2〉先駆性・モデル性〈3〉地域適応性〈4〉実現可能性〈5〉持続性――の基準を満たす6市町を、環境モデル都市として選定した。
 選ばれたのは、市民の省エネ製品購入を促す「環境ポイント制度」を導入する横浜市、公共交通機関の利用促進を図る富山市、温室効果ガス吸収のため町面積の9割を占める森林の保護育成策を掲げた北海道下川町、水俣病をきっかけに環境教育や省エネなどを進める熊本県水俣市、工場などから出た排熱を周辺の産業関連施設に供給して省エネに生かす北九州市、灯油代替燃料として牛ふんを活用する北海道帯広市で、いずれも地域の特徴を生かした積極的取り組みが決め手となった。

 一方、環境モデル候補都市には、細い街路の交通を規制して「歩行者主役の街づくり」を行う京都市、太陽光発電システムの設置助成制度を導入する堺市、市民の出資による太陽光発電事業を進める長野県飯田市、道路交通情報の活用などによる車の温室効果ガス排出量削減を目指す愛知県豊田市、自動車燃料の原料としてサトウキビを使ったバイオエタノール生産に取り組む沖縄県宮古島市、温室効果ガス吸収のための森林整備を掲げた高知県檮原町、省エネの建物建築を促進する東京都千代田区が選ばれた。

 候補都市は、年度内に基準を満たせばモデル都市に格上げされる。
http://www.yomiuri.co.jp/eco/news/20080722-OYT1T00294.htm?from=navrより

つくば市・土浦市「環境モデル都市」落選の関連記事


9月からつくば市でスーパーのレジ袋有料化


つくば市・土浦市「環境モデル都市」落選について検索

Google
 
次のエントリー>>茨城に住む男のブログの通信簿が届きました
前のエントリー>>ワーナーマイカルシネマ守谷で花より男子ファイナルを観てきた

関連するモノ・気になるモノ

関連キーワード

2008/07/22| つくば市・土浦市「環境モデル都市」落選のcommentへ{1)| つくば市・土浦市「環境モデル都市」落選のtrackbackへ{0)| |
「つくば市・土浦市「環境モデル都市」落選」へのコメント
環境モデル都市 土浦市、つくば市どちらかは選ばれると思っていたのですが… 落選 残念でしたね。

茨城県民 at 2008年07月23日 21:59

コメントを書く
お名前: URL:
コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

つくば市・土浦市「環境モデル都市」落選へのトラックバック

茨城に関するカテゴリ

茨城に住む男のブログTOPへ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。