リニューアルした谷和原の吉野家は何かを失った:茨城に住む男のブログを止めました

茨城>茨城だっぺ>リニューアルした谷和原の吉野家は何かを失った(2008/08/04)

リニューアルした谷和原の吉野家は何かを失った

茨城だっぺ


yoshinoya.jpg
吉野家といったら、隣に座った見知らぬ男(ライバル)とどっちが早く食べ終わるか競争している飲食店のはずだった。
なので、注文した順番どおりに牛丼が出てこないと罵声を撒き散らす人もいたり、ライバルが居ないとき、ストップウォッチで何分何秒で商品がでてくるか計っているお客とその挑発に乗る負けず嫌いな店員がいたりした。
そんな男気溢れる飲食店が吉野家だった。

しかし、何を血迷ったのか、谷和原の吉野家が新フォーマットに変わり、店員がハンディーターミナルを持ち、すき家のように注文をとっていた。

ここが変わった谷和原の吉野家


もしかすると、すでに真鍋は導入してるかもしれないけど、大きく分けると二つ
  1. お子様メニュー登場
  2. 注文が変わった


1.お子様メニュー登場によって、ジュースの販売が始まったようです。
2.店員の呼び出しベル、ハンディターミナルを使用し、厨房のモニターに表示される。

昔は、客の注文は必ず暗記だったのに、ハンディターミナル。
会計にしても、客が誘導されることなんてなかったのに。

数年前の騒動によってメニューが増え、店員は紙のオーダー票を使い、ボールペンで注文を記入するようになっていた。

このオーダー票にしても5,6回以上改善に改善を重ねたものだったし、レジにしても、何度も更改があったのに、どうしてハンディターミナルに行き着いてしまったのか。
とても残念だ。

ちなみに、POSは相変わらず、NECのようでしたよ。


そーいえば、吉野家のそばって食べたことがありません。
常磐線沿線の吉野家に期待したい。


リニューアルした谷和原の吉野家は何かを失ったについて検索

Google
 
次のエントリー>>手賀沼花火大会2008を観てきた
前のエントリー>>アクロスモール守谷新テナントはしまむら・Avail

関連するモノ・気になるモノ

関連キーワード

2008/08/04| リニューアルした谷和原の吉野家は何かを失ったのcommentへ{0)| リニューアルした谷和原の吉野家は何かを失ったのtrackbackへ{0)| |
「リニューアルした谷和原の吉野家は何かを失った」へのコメント コメントを書く
お名前: URL:
コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

リニューアルした谷和原の吉野家は何かを失ったへのトラックバック

茨城に関するカテゴリ

茨城に住む男のブログTOPへ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。