記憶にございません。:このブログは移転しました

茨城>茨城だっぺ>記憶にございません。(2006/10/25)

記憶にございません。

茨城だっぺ


富山の高校で履修不足で卒業できないというニュースが話題になっています。

しかし、自分の過去を思い出してみても、記憶にございません。
通信簿?成績表?をお持ちの方は確認してみると分かるかもしれませんね。

そもそもこの履修不足とは、
学習指導要領では世界史が必修で、さらに日本史と地理のどちらかを履修するよう定めている。
とのことです。

もし、高校生の頃使わなかった教科書があったけな〜って方は要注意です。

勝手な推論ですけど、高校時代は理系のクラスだった方が怪しいです。
そんな自分は理系でした。

茨城でも見つかったようです。26日現在 佐竹、水戸桜ノ牧、那珂、神栖、土浦湖北、伊奈の6校だそうです。

地方の高校は、予備校化しているって言われてますけど、茨城県南は千葉県の柏市まで数十分で、柏市まで予備校に通う友人もいました。
なので、県南では見つからないかもしれません。
そんな土浦湖北高校の最寄駅は神立駅。土浦駅より北なので電車の本数少ない



私立高校ってどうなんでしょ?
旧新治郡の私立高校なんか多いときで10数クラスあったそうですが、現在では、三年生5クラス、2年生4クラス、1年生3クラスしかないそうです。
ここまでくると学校経営側も死活問題です。
生徒によりよい大学に入ってもらい宣伝してもらわなくてはいけません。
難しいところです。

(茨城の県南にあるたぶん進学校と言われる偏差値50以上の高校)
記憶あいまいです
牛久市・・牛久栄進高校、私立東洋大付属
つくば市・・竹園高校、並木高校
土浦市・・土浦一高、二高
龍ヶ崎市・・龍ヶ崎一高
たぶん以上です。

読売新聞より引用


県内6校でも履修漏れ
生徒ら動揺や不信感

 全国の高校で卒業に必要な必修科目が教えられていない問題で、26日、茨城でも佐竹、水戸桜ノ牧、那珂、神栖、土浦湖北、伊奈の県立6校で受験対策のため、世界史Aなどが履修漏れとなっていたことが判明した。6校とも県教委に出す履修科目表を虚偽記載していたため、見過ごされてきた。各校は今後、生徒や父母に善後策を説明する方針だが、推薦受験先の大学などに提出する内申書の虚偽記載もあり、影響は小さくない。

 県教委によると、6校の未履修の在校生徒数は1〜3年の計1513人に上る。教科は地理歴史、理科、情報、保健体育の4つ。保健体育以外は受験対策だった。

 県教委は各校が示す授業の時間割予定表と、教科書の購入予定表で必修科目の履修状況をチェックしているが、きちんと履修したかどうかの確認まではしていない。県教委高等教育課は「各校長にきちんとやれというしかない。甘いといわれれば、そうとしか言いようがない」と認める。

 6校には未履修のままの卒業生が相当数いると見られるが、卒業取り消しや補講などの処置は行わない方針だ。

 水戸桜ノ牧が最も早く、センター試験対策で1998年度から必修の世界史の代わりに日本史や地理を教えるなどしていた。同高の2005年度の大学進学率(4年制)は59%、国公立大の合格者数は過去最多の58人だった。平沢憲次校長は「生徒たちにセンター試験で負担をかけないよう、よかれと思ってやってきた」と説明する。

 佐竹では3年時に世界史A、理科基礎がいずれも週2時間設けられていたが、今年度から実際は特別措置として日本史や生物、物理の授業にあてていた。3年生5クラスのうち進学コースの2クラスだけが対象だった。推薦入試の内申書では、理科基礎の項目に生物や物理の点数を記載。高久裕一郎校長は「受験優先で勇み足をした。同じ理科、歴史科目だと安易に考えてしまった」と認める。

 土浦湖北では3年必修の日本史Aを教えず、政治経済を履修させていた。内申書の日本史Aには「履修見込み」と記載し、約50人分を大学などに提出済み。阿須間富男教頭は「入試に影響のないよう、冬休みも補講する」と対策を練る。

 神栖では2年で世界史Bを選択した生徒は3年で日本史A、2年で日本史Bを選んだ生徒は3年で世界史Aを履修する。しかし、3年の進学コースでは03年度から、2年で選んだのと同じ科目を3年でも履修していた。

 内申書には、たとえば日本史のみ履修の場合、世界史の成績は日本史の成績を記載していた。水田重則教頭は「これまで気づかなかった。担任が教育熱心のあまりやっていたんだと思うが、責任は管理職の自分にある」としている。

 伊奈では、3年生のうち世界史Bを選択した34人に未履修があった。柴原正好教頭は「本人の受験科目を優先した結果だと思うが、指導要領を守らなかった点は十分反省している」と話している。

 まさか自分の高校が――。未履修が分かった生徒のショックも大きい。

 土浦湖北の3年生は「まじめに勉強してきたのになんでという感じ。センター試験も近いのにふざけるなと思う」と学校への不信感をあらわにした。

 水戸桜ノ牧の3年生は「びっくりです。卒業するために必修科目が必要なら受けるしかない」。別の3年生も「僕たちの受験を考えての判断かもしれないが、卒業できないのは困る」と戸惑いを隠せない様子だった。
(2006年10月27日 読売新聞)


記憶にございません。について検索

Google
 
次のエントリー>>茨城 履修問題の続き
前のエントリー>>いよいよ始まったナンバーポータビリティ

関連するモノ・気になるモノ

関連キーワード

2006/10/25| 記憶にございません。のcommentへ{3)| 記憶にございません。のtrackbackへ{0)| |
「記憶にございません。」へのコメント
ueふふふ・・・うちの高校なんかは進学校でしたが、「世界史・地理」の二者択一でしたがww

しかも、高2からは「国立(理・文)・私立(理・文)」というように、優秀か否かでクラス分けをされて、勉強をしなかった私は私立文系クラスでした。

高2になって

「おまえ等、国立じゃないから物理とか代数幾何はいらんだろ?」

で、教科書が新品のまま使われる事は有りませんでした|x・)

元素記号ですら「理系じゃないから、おまえ等はスイヘイリーベーボクノフネだけで良いから」とか。

県立の高校でこれですので、終わっていますw

ue様 at 2006年10月27日 15:04

すみません。遅くなりました。
ueさんコメントありがとうございます。
自分も新品の教科書ありました。机の上に置いていたのは漫画で教科書は、ロッカーの中に大切にしまっていただけですがw
世界史の記憶がないので、出身高校が新聞に載るか楽しみにしています。

おみたこ at 2006年10月29日 01:26

県南の高1です〜
世界史Aの教科書は買っただけで、実際やってるのは世界史Bです。
これ気になってしかたないんですけど。

ち at 2006年11月12日 21:54

コメントを書く
お名前: URL:
コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

記憶にございません。へのトラックバック

茨城に関するカテゴリ

茨城に住む男のブログTOPへ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。