茨城に一店しかない丸井が定休日を増やす:このブログは移転しました

茨城>茨城で買い物>茨城に一店しかない丸井が定休日を増やす(2007/05/22)

茨城に一店しかない丸井が定休日を増やす

茨城で買い物


土浦の丸井が閉店したのは、いつだったか思い出せません。
関係するのは、水戸市だけですね。
丸井は15日、これまでは年に2日の定休日を、今年から少なくとも9日以上に増やすと発表した。
雇用環境の改善を背景に、小売り業界で人材の確保が難しくなったことから、休日を増やして人材確保や接客の質向上を図る狙いがある。
07年は、1月に2日間、2月に1日の定休日を設け、4〜9月も毎月1日ずつ休日にする。消費者の反応を見て10月以降にも休日増を検討する。
2007年5月16日 読売新聞より

人材不足は、年々深刻かしてきていますよね。「あっまた、いつもの人が働いている」新人らしき人を見ず、アルバイトいるのか?と思ってしまう店もありますよね。
丸井が始めるのだから、他所も真似て欲しいところです。ジョイフル本田荒川沖店が営業時間延長でも書きましたが、営業時間が延長などと聞くと従業員の方が心配になります。
好きで働いてる人を嫌いにするようなことは、個人的に許せません。
ろくでもない従業員ばかり、残ってしまうという事態が起こりかねませんよね。

今日は学生の頃、飲食店でアルバイトしていた時の、嘘のような本当の話を紹介します。

私のアルバイトしていた飲食店(東証一部上場企業)は、アルバイトにとても依存していました。数年前から深刻な人不足で、一年間に新人さんが2人入れば良い方、辞めるのは、4人以上。
アルバイトが少ないと穴埋め勤務は社員にのし掛かり、過酷な勤務で社員さんが辞めてしまうこともありました。
アルバイト先で、店長と呼ばれる方は、店に一人しかいない正社員の方です。
社員の方の休日に関して、求人票では、年間休日124日とあるが、実際に一日休めるのは、月のうち3日ない。もちろん、盆休み、正月休みなんてあるわけない。
もちろんタイムカードというものは、存在しない。

そんな中、社員のSさん(勤続5年)は、アルバイトを一年間で、新たに10名集め、昇進した。

次に来た社員Tさんは、普通の人、数ヶ月で退職。

その後、社員のAさん(勤続15年以上)が来た。Aさんは、毎日10数時間働いているのだから、あんたも働いてよと子持ちパートさん相手に契約外の長時間労働を強要したり(断ってもメール、電話がきたことも)、自分の反抗勢力だと言って、アルバイトさんの陰口を他のアルバイトの前で言ったり、シフトをあえていれなかったり、
「その人嫌いだし、その人と働くぐらいなら、今いる二人で働く」
と他のアルバイトのいる前で言った。チームワークを乱すような存在だった。そして六人辞めていった。

そんな社員のAさん、左遷になった。

私のアルバイト先には、ありませんでしたが、最近では、アルバイトにいじめられること(ストライキとか)もあるそうですよ。

某飲食店で起きたような、悪いことが起きぬように、ろくでもない人ばかりにならぬよう雇用環境の改善を考えてもらいたいですね。


茨城に一店しかない丸井が定休日を増やすについて検索

Google
 
次のエントリー>>笑遊の郷お笑いバトル
前のエントリー>>荒川本郷ショッピングセンター

関連するモノ・気になるモノ

関連キーワード

2007/05/22| 茨城に一店しかない丸井が定休日を増やすのcommentへ{4)| 茨城に一店しかない丸井が定休日を増やすのtrackbackへ{0)| |
「茨城に一店しかない丸井が定休日を増やす」へのコメント
グリーンヒルなるほど、採用力が昇格を分けているんですね。

しかし、社員のSさん(勤続5年)はどうやって10人も集めたんですかね。気になります。

グリーンヒル様 at 2007年05月22日 19:33

グリーンヒルさん コメントありがとうございます。

>>社員のSさん(勤続5年)はどうやって10人も集めたんですかね。気になります。
時給に関して、社員のSさんが来る前と比べ、時給のスタートが100円上がりました。
高校生は、数年間採用しない方針でしたが、女子高生を採用しました。1人入るとまた、1人のように女性が増えました。
男だらけの環境から、一変した。すると男も・・。

それ以外には、あまり規則に縛らず(衛生上の問題以外)、考えさせ仕事を楽しませようとしていましたね。
1人でする仕事じゃないんだから・・・などよく聞きました。

求人を見る⇒場所を見る⇒時給を見る⇒店舗偵察でアルバイトをするところを選ぶ人にとっては、印象が良かったのかもしれません。

ブログには、書けない事が多いので、この辺で。

おみたこ at 2007年05月22日 22:41

グリーンヒル補足ありがとうございます。

>時給のスタートが100円上がりました。
これは、簡単にできることではないので、社内的にも力があるんでしょうね。

>女子高生を採用
なるほど。「なんで高校生を採用しないのか」という議論がなかったのかもしれませんね。
そこを、今一度掘り返したわけですね。

いろいろ、貴重な経験談ありがとうございます。

グリーンヒル様 at 2007年05月23日 15:16

グリーンヒルさん コメントありがとうございます。

求人媒体などには、一般、大学生の時給のみ掲載していましたが、そこには、一般、大学生の時給だとは、記載されていませんでした。誇大広告に近いです・・。これがうまいと思いましたね。

高校生を雇うと、8時間までしか働けませんが、一般、大学生が嫌がる週末にロングで入れるというか、入りたいって言うのが驚きました。

おみたこ at 2007年05月24日 22:13

コメントを書く
お名前: URL:
コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

茨城に一店しかない丸井が定休日を増やすへのトラックバック

茨城に関するカテゴリ

茨城に住む男のブログTOPへ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。