関東鉄道の回数券が3ヶ月有効に:このブログは移転しました

茨城>茨城の交通>関東鉄道の回数券が3ヶ月有効に(2007/09/04)

関東鉄道の回数券が3ヶ月有効に

茨城の交通


つくばエクスプレスのお得な利用方法の記事内で、関東鉄道常総線、竜ヶ崎線の回数券は、2ヶ月だと書きましたが、2007年7月31日以降は、3ヶ月になった。

関東鉄道、回数券の有効期限延長について


関鉄の回数券が3ヶ月有効対象は、土曜・休日・年末年始期のみ利用できる5枚綴りのミニ回数券と、通常の回数券が有効期限延長されたようです。
今まで、守谷周辺の住民の方が、行きも帰りも車で行っていた人が、行きは、常総線乗るが、帰りは守谷まで迎えになることを想定したのか知らないけど、サービス向上ではないか。
常総線離れを少しでも食い止めようと思ったのでしょうか?
理由は何であれ、有効期限が3ヶ月に伸びたことで、いくらか助かる人がいるでしょう。

先日、「常総市みつかいどう花火大会を観てきた」のですが、水海道もまだ東京やつくばの通勤圏内でしょう。
関東鉄道には、まだまだおいしいところが残っているわけで、ここからどうでるのか気になります。

関東鉄道の課題

  1. つくばエクスプレス、常磐線も東京駅延伸計画があり、高速バス減収が予想されるので、次の策を練らなくてはいけないだろう。

  2. <関連記事>
    常磐線:まだか茨城を走る常磐線の東京延伸
    つくばエクスプレス:つくばエクスプレス東京延伸
  3. 住めば都のはずが、通勤代が全額でないかもしれない

  4. 越してきてからでも分かることだが、常総線、つくばエクスプレス線共に、JRと比べ運賃は、安くない。特に常総線だ。8分も乗れば290円かかる。それにバスを使うようなところだったら・・・。
    宅地分譲をするのは、悪いことではないと思うけど、ちょっとずるいやり方。
  5. 今や懐かしい香りを味わえるディーゼルエンジン搭載

  6. 降りて煙から逃げることは、難しい。階段で味わえる懐かしい匂い。もちろん、身体にはよくない。黒煙や粒状物質が・・。

黒煙や粒状物質軽減させる装置が死んでいるか、エンジンそのものに問題がありそうなバスも未だ運行されている。
特に酷いと思ったのは、取手で目撃した「谷田部車庫行き」だ。バスの後ろは、動き出すと同時に、目の前が真っ黒になった。
走行中でも、真っ黒い排気ガスが見えるほどだ。燃調が?いやそんなレベルではなかった。
いくらなんでも、あれはないと思う。昔混ぜ物してしまったのかしらないけど、モラルがかけてますよ。
もしかすると、あれは錯覚でバスではなく戦車だったのかもしれない。


関東鉄道の回数券が3ヶ月有効にについて検索

Google
 
次のエントリー>>9月9日は百里基地航空祭
前のエントリー>>常総市みつかいどう花火大会を観てきた

関連するモノ・気になるモノ

関連キーワード

2007/09/04| 関東鉄道の回数券が3ヶ月有効にのcommentへ{0)| 関東鉄道の回数券が3ヶ月有効にのtrackbackへ{0)| |
「関東鉄道の回数券が3ヶ月有効に」へのコメント コメントを書く
お名前: URL:
コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

関東鉄道の回数券が3ヶ月有効にへのトラックバック

茨城に関するカテゴリ

茨城に住む男のブログTOPへ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。