牛久に街頭防犯カメラを設置。費用は1億円:このブログは移転しました

茨城>茨城だっぺ>牛久に街頭防犯カメラを設置。費用は1億円(2007/09/14)

牛久に街頭防犯カメラを設置。費用は1億円

茨城だっぺ


一台あたり約50万をかけ、牛久市が犯罪を抑制するために、防犯カメラを236台設置を計画しているそうです。
この一台あたり約50万円というのは、64台設置に3109万円の経費をかけると書いてあったので、全体でおおよそ1億円です。
関連記事:茨城の怪しい人を探せるWEBサイト
そもそも、ここいらの地区は、犯罪が多いとよく言われていた。
以前、牛久市の管轄は、竜ヶ崎警察署、阿見町の管轄は土浦警察署だった。
この阿見町と牛久市の増えすぎた犯罪の抑制のために牛久警察署ができたと噂されている。

街頭防犯カメラは役立たず


例えば、セルフのガソリンスタンドの監視カメラ、明らかにカメラに映らない死角がある。
場所によっては、従業員の車を停めておいたり、対策しているとこはあるけど、未だ映らないとこもあるでしょ。特に顔とナンバーが映らないとこ。
給油に関しても、監視カメラを使って、監視側から給油を許可するとこもあれば、監視カメラを見てるだけのところもある。色んな意味で危ないのは、飲食店が併設されている店。
インターホンを鳴らし、「ガソリンがでない!」と伝えた経験があるとこは、前者。”中で寝てる”もしくは、珈琲を作ることで忙しいのだ。

ここで起きるのは、火気厳禁なのに・・ということもあるけど、入れ逃げだろう。
人為的なミスから起こるものだけど、盗られたのはガソリンであって、金だ。
これが、小さい子供だったと思うと、恐ろしい話です。
[防犯・災害対策]痴漢も驚くマグライト
防犯カメラ設置に約1億、保守、運用に年間何千万もかかることになると思うけど、本当に必要なのは、防犯カメラ設置なのかな。

防犯カメラに頼ってしまったら、意味がない気がするけど。

護衛することも大事だと思うけど、人と人との関わり合いが少なくなってきていることもあるんだろうし、悪い人たちが近寄りがたい街にしてほしいな。

ちなみに私の通勤バックの中には、手回し充電できる懐中電灯入ってます。
関係のない話だけど、牛久市と龍ヶ崎市の人口の差が約1000人になりました。牛久の運動公園付近も綺麗になっているので、2年後には、牛久市の方が人口が多くなってるかも。


牛久に街頭防犯カメラ設置に1億円のネタ元


牛久市は市内の公園や街路など街頭を中心に防犯カメラを09年までの3年間で236台設置する計画を打ち出した。治安対策だが、個人の肖像権やプライバシー侵害の点で問題とする見方もあり、市は運用条例の制定を検討している。県警によると、県内で街頭に自治体が防犯カメラを設置しているのは土浦市の4台だけだ。
 牛久市の計画では、今年度、まず市内16公共施設に防犯カメラ64台を設置する。経費は3109万円。映像は2週間保存して破棄する。来年度以降、公園や駐車場、公衆トイレなどに拡大し、過去に不審者が多く出現した街路への設置も検討する。同市は市内の全小中学校、幼稚園、保育所、児童クラブなどの施設内に、昨年12月までに105台を既に設置したが、子どもを狙う不審者の増加など治安悪化を理由に街頭への設置に踏み切ることにした。
http://www.mainichi-msn.co.jp/chihou/ibaraki/archive/news/2007/09/12/20070912ddlk08040118000c.htmlより


牛久に街頭防犯カメラを設置。費用は1億円について検索

Google
 
次のエントリー>>ピアシティ荒川本郷内カスミに行ってきた
前のエントリー>>ひたち野うしく、荒川沖の駅ホームに電光掲示板

関連するモノ・気になるモノ

関連キーワード

2007/09/14| 牛久に街頭防犯カメラを設置。費用は1億円のcommentへ{4)| 牛久に街頭防犯カメラを設置。費用は1億円のtrackbackへ{0)| |
「牛久に街頭防犯カメラを設置。費用は1億円」へのコメント
せいパパカメラ設置も一つの案だと思います。
でも、犯罪を犯す方達はカメラの眼をくぐってまでも
犯罪を犯して、いたちごっこにならなければいいのですが?
そもそもカメラを設置するくらいだから犯罪も多く悪質なのでしょう、私はカメラよりも地域住民の意識の問題だと思います。
神栖・鹿嶋は犯罪が多いですが潮来は比較的少ないです
理由としては地域住民が密着した関係にあり地元を
愛しています。
新しい人には滑稽で古臭い街ですが地域がまとまっていれば
犯罪を犯したくても犯せないと言う図式が成立すると思うので
地域の班単位や消防団隣近所レベルでの大人の意識改革を並行して行うなどやるべき事はあると思います。

せいパパ様 at 2007年09月14日 08:32

グリーンヒルいよいよ、地方都市にもそういう流れができようとしているんですね。
カメラがあることで、安心する人もいるでしょうが、多額のお金がかかることですからね〜。微妙です。

>人と人との係わり合いが少なくなってきていることもあるんだろうし、悪い人たちが近寄りがたい街にしてほしいな。

そうですね!
地域でかかわりが深いと、最近やばい人をみかける、とかの情報もまわりますからね。

グリーンヒル様 at 2007年09月14日 21:16

せいパパさん コメントありがとうございます。
土浦と違いここいらの暴走族は六年ぐらい前を境に落ち着いています。
カメラに映ることを恐れる人が牛久に現れなくなることが狙いかもしれません。
先日、ヘリでの輸送の様子がテレビに映りました。牛久には、隠したいけど隠せないあれがあるですよ。
犯罪の抑制には、地域住民の密着した関係が一番ですね。
まさに、これこそプライスレス

おみたこ at 2007年09月14日 23:59

グリーンヒルさん コメントありがとうございます。

>>いよいよ、地方都市にもそういう流れができようとしているんですね。
ちょっと残念ですよね。

他にできることがなかったのか疑問が残ります。

おみたこ at 2007年09月16日 04:59

コメントを書く
お名前: URL:
コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

牛久に街頭防犯カメラを設置。費用は1億円へのトラックバック

茨城に関するカテゴリ

茨城に住む男のブログTOPへ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。