常磐線牛久駅の発車メロディが変わる:このブログは移転しました

茨城>茨城の交通>常磐線牛久駅の発車メロディが変わる(2007/11/20)

常磐線牛久駅の発車メロディが変わる

茨城の交通


以前、携帯電話の着信メロディを常磐線の土浦駅の発車メロディにしている人がいたようで、静かな車内にその音が、響き渡った。寝ぼけていた私は少し焦ったことがあった。ほかの乗客もキョロキョロしてました。
ちなみに、鳴らしたの誰だよ〜と思って見てみると、中学の同級生だった・・。
電車通学、通勤を経験したことがある人は、発車メロディの効力をご存知だろう。
そう、目覚まし時計より目が覚め、ほんとたまげる。

そんな発車ベルから発車メロディだけど、牛久駅のメロディが変わるそうだ。
しばらくの間、ウトウトできない日々を送ることになるかもしれませんよ。
下りホーム(1番線)「グリーン・グリーン」
水と緑の豊かな文化の香りをイメージ

上りホーム(2番線)「オー・シャンゼリゼ」
ワイン醸造場「牛久シャトー」(シャトーカミヤ)があることから、フランスをイメージ
(シャトー:フランス語で城)

変更は12月1日の始発電車からだそうです。
De!Blog@Ryugasaki - E501.netさんの記事より引用


.牛久市の広報

牛久市の広報によると、観光資源をイメージした曲だそうだ。
下りホームは、水と緑の豊かな文化の香りをイメージしたそうな。

常磐線土浦駅の発車メロディ


j研にあったので常磐線土浦駅の発車メロディ公開。

懐かしいメロディだったりする。

常磐線牛久駅の発車メロディが変わるについて検索

Google
 
次のエントリー>>阿見町にアウトレットモールができるかも
前のエントリー>>カスミにイオン銀行開業について聞いてみた

関連するモノ・気になるモノ

関連キーワード

2007/11/20| 常磐線牛久駅の発車メロディが変わるのcommentへ{2)| 常磐線牛久駅の発車メロディが変わるのtrackbackへ{0)| |
「常磐線牛久駅の発車メロディが変わる」へのコメント
hiroki電車の発車メロディって、結構いろいろあって面白いですよね。私がよく利用する駅は、ほとんど同じようなものか、ただのベル音だったりなのでつまらないです。

なので、某動画共有サイトで発車メロディをピアノで弾いている方がいるのですが、それを聞いて楽しんでいたりします。。

hiroki様 at 2007年11月21日 21:43

hirokiさん コメントありがとう

>>よく利用する駅は、ほとんど同じようなものか、ただのベル音だったり
これは、目が覚めにくいですね。

>>動画共有サイトで発車メロディをピアノで弾いている方がいる
情報ありがとう。

おみたこ at 2007年11月22日 00:54

コメントを書く
お名前: URL:
コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
常磐線牛久駅の発車メロディが変わるに関して言及されているブログを教えてください。
TBURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
この記事のリンク:
常磐線牛久駅の発車メロディが変わるへのトラックバック

茨城に関するカテゴリ

茨城に住む男のブログTOPへ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。