ひたち野うしくに小学校:このブログは移転しました

茨城>茨城だっぺ>ひたち野うしくに小学校(2007/12/05)

ひたち野うしくに小学校

茨城だっぺ


やっと決まった小学校の建設予定地。最寄の小学校まで15分以上かかっていた地区なだけに、ひたち野うしく駅周辺の住民には待ちに待ったニュースかもしれない。あの窮屈な教室から開放されるそうです。

ひたち野うしくの小学校について


早ければ2010年春からとのこと。
新小学校は、敷地面積約二万八千平方bを予定。市立中根小の児童数増加に対応するため同校の分離新設校として建設される。
冷暖房にLPGだけはやめて貰いたいですね。

以下茨城新聞より引用
牛久市で計画されている「ひたち野牛久小学校(仮称)」建設で、市は、都市再生機構の区画整理事業区域内の用地を取得することで同機構と売買合意した、と発表した。新設校はひたち野地区内の当初計画予定地に建設されることになり、紆余(うよ)曲折を経た建設用地問題は決着。早ければ、二〇一〇年春にも開校の見通しとなった。


生活ガイド:牛久市によると小学校の1クラスあたりの児童数は、茨城県内3位で平均35.2人、4137人。
中学校の児童数は、2039人。
共に、牛久市全体での話です。児童数はさほど多くないが、どこかの地区に偏っているのではなく、小学校の数が少ない模様。

牛久はガキンチョ多いですよ。他の市町村だと、「9月9日は百里基地航空祭」でちょこっと書いた従兄弟の通っていたとある市立小学校の全校生徒数1クラスの平均人数一緒です。
あの有名なダチョウ王国のダチョウの数の方が多いのかと思うとショックですわ。

お隣阿見町だと、実穀小学校、吉原小学校がちょっとした危機だと数年前に聞いた。
吉原地区は、「阿見町にアウトレットモールができるかも」に期待してます。
茨城県の広報に「地域の活性化と振興に寄与する商業・業務施設を建設,運営する事業者を募集」募集要領の配布が始まりましたよ。(12/4〜12/21)

そういえば、ひたち野うしくに茨城銀行の支店ができるようです。
金融空白地帯だったけど、やっと。
http://www.ibagin.co.jp/news/2007/1030_2/index.htm

私の実家は、小学校まで徒歩1分だったので、今の子供達のように迎えに来てもらうことなんてなかったし、集団下校もしたことがないので、徒歩15分かかると聞くとどんなものか想像もつきません・・。

ひたち野うしくに小学校について検索

Google
 
次のエントリー>>ケーズデンキひたち野うしくに行ってきた
前のエントリー>>デイズタウンつくばのイルミネーション

関連するモノ・気になるモノ

関連キーワード

2007/12/05| ひたち野うしくに小学校のcommentへ{3)| ひたち野うしくに小学校のtrackbackへ{0)| |
「ひたち野うしくに小学校」へのコメント
ラクーン学校まで徒歩1分〜っ?!
私は小学校まで片道40〜45分でした。
(田舎ではごく普通かも。)

茨城県南って、あちこちで発展しているけれど、学校が追いついていないところも多いですよね。牛久とつくばの境のような場所にすんでいる友達が、子供を通わせる学校がないと嘆いていますモン。

ラクーン様 at 2007年12月05日 09:09



>>私は小学校まで片道40〜45分でした。
2.5kmぐらいですかね。
マラソン早かったのでは?

>>牛久とつくばの境のような場所に
茎崎とか忘れられた”つくば市”な気が・・。

道一歩挟んで、つくばとか土浦になるとこだと結構厳しいですよ。
運動会の花火で家が揺れるのに、その小学校には通えなかったり。

そろそろ市町村大合併を再開してもらいたいです。

おみたこ at 2007年12月10日 23:45

>2.5kmぐらいですかね。
気になって調べましたよ〜。
直線距離で2km弱なので、実際は2.5kmかそれ以上かもしれないですね。

>マラソン早かったのでは?
全然そんなことないです。
1.5kmのマラソンを途中棄権した武勇伝もってますから・・・

>茎崎とか忘れられた”つくば市”な気が・・。
あはは。茎崎はどう考えても牛久圏ですよね。
ホント忘れられてる感じがします。

ラクーン at 2007年12月12日 17:12

コメントを書く
お名前: URL:
コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ひたち野うしくに小学校に関して言及されているブログを教えてください。
TBURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
この記事のリンク:
ひたち野うしくに小学校へのトラックバック

茨城に関するカテゴリ

茨城に住む男のブログTOPへ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。